倉敷薄荷®誕生の軌跡をご紹介します。
 

【かつての岡山】

 1191年岡山の明菴栄西が中国からお茶と共に薄荷を持ち帰り、栽培したことが薄荷栽培の最初とされています。戦後、国の薄荷栽培奨励によって全国各地で薄荷栽培が開始され、岡山県倉敷市には全国で2ヶ所しかない農林省指定薄荷試験地(のちに岡山県農業試験場倉敷はっか分場)が設置されました。薄荷栽培の最盛期には全国第2位の出荷量を誇り、取卸油が海外への輸出される等、国内有数の薄荷の名産地でした。


【幻の薄荷 秀美(しゅうび)】
 
 倉敷市にあった農林省指定薄荷試験地で生まれた品種が倉敷薄荷の原料となる「秀美」です。ペパーミント(ミッチャム種)と和種薄荷「三美」を交配して生み出され、他品種と比べて清涼感が高く、収油率も高いことから、今後の産業発展に期待された品種でした。

 しかし、1967年から試験的に栽培が始められたものの、高度成長期の工業化の波と社会構造の変化によって、翌年に薄荷産業の終焉と共に表舞台に立つことなく消えていきました。
 

【倉敷薄荷®の誕生と想い】
 
 岡山県おいても、中山間を中心に急速に過疎化や高齢化等が進む中で、都市住民の中には休日や老後の生活の一部として農業体験を指向する人も出てくる兆しが見えてきました。しかし、その一方で倉敷などの中核となる都市においても、農業従事者の高齢化や過疎化が進み、周辺部から都市農地の荒廃が進行しつつあるのが現状です。
 
 
 この状況を受け、農家、不動産、まちづくり等の専門家によるプロジェクトチームを立ち上げ、市域資源開発、循環型、低炭素と言ったキーワードよる「都市型低炭素市民農業モデル」を作り上げました。市民活動との融合で、これまでの自治体との良好な関係から新たな農政情報等の提供や地域情報の相互交換を図ることで地域振興に役立つ事が出来るのではないかと考え、地域固有の作物栽培や、その利活用について様々な見地から具体的な取り組みや実験を行ってきました。

 そうした中、奇跡的に残存していた薄荷品種「秀美」の苗をいただき、契約農家さんと栽培方法の研究や自社での商品化の実験を行なってまいりました。薄荷生産量の安定と自社の蒸留設備が整ったことから、「倉敷薄荷」の登録商標を取得し販売を開始しました。

 倉敷の薄荷の知名度を高めることで、地域産業の振興や文化の向上を含めた備中地域をより良いものとしたいと考えています。

 
上部へ戻る